ダイエット 停滞期 乗り越えるには・・? 停滞期のダイエット方法

ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切




にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ



ダイエットのためにカロリー制限や、運動を続けていると、

停滞期に差し掛かることがあります。

スリムになりたいからとダイエットを始めたのに、

しばらくするとやる気が起きなくなるのは、この停滞期が発声するためです。

今まで食べていたものを控えて、運動不足を解消することで、

ダイエットの効果は一時的にくっきりと現れるようになり、

うまくいったように見えがちです。

しかし、ダイエットを始めてから何日か経過すると、

始めのうちは順調に減っていた体重が、急に減らなくなってしまいます。

これが停滞期と呼ばれています。ひとたび停滞期に突入すると、

体重の減りが急に悪くなって、ほとんど減らなくなってしまったりします。

こうなると結果が見えないために、やる気が失せてしまい、

ここでダイエットを諦めてしまうというケースも多いようです。

ですが、停滞期とはダイエットがきちんとできている証ともいえます。





停滞期中にダイエットを中断させてしまうのは、やめたほうがいいでしょう。

唐突にカロリー摂取量が減ると、それでも身体機能に支障が出ないよう、

代謝を抑え、エネルギーを使わないようにと体は反応します。

ちょっとしか物が食べられない時でも、

内臓の働きが低下して命を落とすということがないよう、

人体はカロリー制限に耐えられるようにできています。

ダイエットに停滞期があることを知らないと、

このくらいの次点でダイエットをやめてしまうようです。

ダイエットのために減らした食事や、運動に体が慣れてくると、停滞期になってきます。

停滞期こそしっかり運動をして、カロリー制限をすることで、

脂肪は減り、筋肉がついた体になれます。

体重が落ちにくくなったとしても、痩せにくくなっているわけではないので、

焦らずにそのまま運動や食事制限を続けていくうちに、

再び体重が減る時期がやってくるのです。

停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには?





停滞期になった時に、モチベーションを低下させずにダイエットを続ける意欲を

持つことは重要です。

ダイエットをしているのに効果が出ないという停滞期中に、

やる気を失ってダイエットの停滞期には、食事の内容に気を配ることがとても大切です。

ダイエットをスタートさせた直後は体重は序々に減っていくわけですが、

しばらくすると、今までと同じことをしていても、減量は進まなくなります。

一気に体重が減ると体によくないので、人の体は、いきなり体重が減らないようブレーキをかけます。

食べる量が少なくなれば、それがダイエットのためだとしても、

身体は異常事態に陥ったと解釈し、

カロリー摂取が滞っても生命活動が営めるように代謝を下げます。





ダイエットをしていると、どうしても摂取カロリーを制限せざるをえないので、

停滞期はどうして起きてしまいます。

食事量を見直し、運動をして、ダイエットをしていても、

停滞期になって成果が上がらなくなると、モチベーションも低下します。

ダイエットを行う上でこの停滞期を乗り越えるということは非常に重要なポイントです。

もしも停滞期になったら、適量の食事を、まんべんなく栄養がとれるようにして食べることです。

一向に体重が減少しなくなったからといって、ぎりぎりまで食事を少なくしたり、きつい運動をすると体に悪影響です。

ムキになって食事量を減らしたり、運動を増やしたりせず、これまでどおりのダイエットを続けると、いずれ停滞期は脱します。


ダイエットの停滞期を脱出するためには?





食事もカロリーを控えているし運動も欠かさず行っているにもかかわらず、

ある日突然体重がピタッと減らなくなってしまう停滞期。

停滞期は誰にでも訪れるものであり、この時期をいかに脱出するかが、

ダイエット成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。


せっかくダイエットを始めたのに、停滞期になると、

頑張りの成果が形になって見えなくなるため、

張り合いがなくなって挫折する人もいます。

リバウンドしてしまうと、元の体重に戻るどころか、

以前よりも体重が増えてしまうこともあるそうです。




せっせとダイエットに取り組んだのに、太っただけで変わってしまっては、

むなしい話です。チートデイをつくって、たまにダイエット条件を緩和することで、停滞期を続ける人もいます。

チートデイとは日本語に訳すと、ずるをする日という意味で、

つらい食事制限によるダイエットを少しだけ中断して、好きなものを食べるのです。

ダイエットを始めると、まずは食事の量を極端に減らして、摂取カロリーを減らすことを考えます。

急激に食事の量が減ると、人体は命の関わる重大なことが起きている可能性を考えて、

できるだけ体内に届けられたカロリーを使い切るまいとします。

そんな時に1日だけ好きなものを食べるチートデイを取り入れて、

身体にちゃんと栄養が入ってくるよと教えてあげることにより、省エネモードを解除させるのです。

ダイエットをしている人の中には、途中、チートデイがあったために、

停滞期を抜けられたという人もいます。チートデイをつくるなら、1日で終わるように予定を組みましょう。

何日もチートデイにしていると、ダイエットがうまくいかなくなります。


コメント