サイトを検索

簡単な運動で体質改善 かんたんな運動を紹介します

ランニングによるダイエットの注意点



ダイエットの基本は食事と適度な運動ですが、その運動としてランニングをしている人は大勢います。

しかし、あらかじめ気をつけておきたいことがいくつかあります。

ランニングによるダイエットは、継続することがとても大事になります。

一定のダイエット効果を上げるためには、短時間の運動一回限りでは無意味です。

ペースや距離を調整して、体にきつすぎないようにしましょう。

慣れない運動を無理をして続けていると、次の日もぐったりしてしまったり、疲れがたまってしまったりするようです。

初めのうちはウォーキングを行い、慣れてきたらランニングをするのもいい方法です。

かつて運動が得意だったという人は、自分のできる運動量を多く見積もりすぎることがあります。

疲労を溜めず、余裕のある状態でランニングを続けましょう。

ダイエットが目的なら、1週間に2回~3回でも効果は十分に期待できます。




平日の運動時間を短くして、休日は長時間のランニングも向いています。

十分な水分補給をしながらランニングをすることも、体のためになります。

暑い日に、無理をしてランニングをしていると、熱中症の症状が出てしまう場合があるといいます。

寒い季節のランニングは、いきなり走ると故障の原因になりますので、予備運動をきちんと行ってからランニングをしましょう。

寒さで筋肉が固まっている状態でランニングをするとダイエットにもよくないし、怪我のもとになります。

ウォーキングを利用したダイエットの方法




ダイエットをしようと思い立った時に、すぐにできる運動にウォーキングがあります。

週に数日だけ、ウォーキングダイエットの日を決めて、あとは歩くだけです。

ウォーキングに適した服装や、靴があればいいですが、なくても十分に運動は可能です。

ウォーキングダイエットでは、歩くスピードの設定が大事です。




ダイエット効果が出るくらいにカロリーを使うのであれば、ただ長時間歩くのではなく、ウォーキング自体の早さも関係してきます。

効率的なウォーキングダイエットをするためには、日頃の歩くスピードよりも、心持ち早めに歩くように心がけるといいでしょう。

いきなりハイペースでのウォーキングをするのは大変ですから、初めはゆっくりと、だんだんと早くしていくといいでしょう。

朝食を食べる前に、ウォーキングをするという習慣をつくるのがおすすめです。

血液に溶け込んでいる糖が起きたばかりは少量なので、そのタイミングで運動をすることで脂肪の燃焼が促進できます。

朝食前で、あまりにも空腹の状態でウォーキングダイエットをすると、めまいがしたり、空腹すぎて気持ち悪くなる人もいますので無理は禁物です。

ちょっとお腹にものを入れたほうが、朝は運動がしやすいという人もいます。

ウォーキング前にバナナや牛乳を摂取するという方法もあります。

無理をして朝にこだわらずとも、昼や夜など、ウォーキングが可能な時間にやってみてください。

20分以上歩き続けることで、血中の糖を消費し終わり、体の中にため込まれている脂肪を燃焼しはじめるようになるといいます。

ウォーキングによるダイエットをするためには、20分以下の運動では、脂肪の燃焼にまでは至りません。

継続することがウォーキングダイエットでは重要ですので、軽い運動を、長く続けることからトライしてください。

縄跳びダイエットの方法




ダイエット目的で行う運動には様々なものがありますが、その中の一つに、縄跳び運動があります。

では、具体的にはどのようなダイエット方法なのでしょうか?

縄跳びダイエットは、縄跳びをするだけのシンプルなダイエット方法です。

ダイエット効果を得るには、1分に60回の縄跳びを、20分以上続ける必要がありますので、慣れないうちは厳しいと感じる人もいるといいます。

3分縄跳びをして、5分休むというサイクルをこなすことで、初めてでも続けられます。

運動に体が慣れたら、縄跳びをしている時間を3分、5分と、徐々に多くしていきましょう。




準備体操で、ふくらはぎや太ももの筋肉を刺激しておくことで、すんなりと運動をすることができます。

あらかじめ準備運動をしておくことで、筋肉の代謝が活発になり、より脂肪が燃焼しやすい状態になります。

運動をしながら、呼吸もきちんとできるようになっておけば、縄跳びをしている時にかかる身体的な負担が軽減できるでしょう。

途中で休憩をせずにできるだけ一定のペースで運動をすると、脂肪を有効に燃焼することができます。

縄跳びダイエットをした後には、下半身のストレッチ運動や、マッサージを施すことがよいと言われています。

重さや長さなどね縄跳びには様々な特徴がありますが、ダイエットの縄跳びならば、重いほうがいいようです。

縄跳びは、膝や、足首の故障の可能性を危惧する必要があります。

地面が土などの軟らかい場所だったり、衝撃吸収剤を用いたスポーツシューズを履くことで、関節に負担をかけずに縄跳びができます。

女性が縄跳びダイエットをすると、きれいなバストが保てない場合がありますので、スポーツブラなどを身につけて対策をしてください。


コメント