キャベツダイエット ?? 無理せず痩せる 食物繊維をとって簡単ダイエット 

キャベツダイエットの方法



にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ





キャベツを使ったダイエットが、痩せたい人の間で注目を集めていると言われています。

キャベツを使用したダイエットは、どんな方法で行えば良いのでしょうか。

キャベツを一口大に切って、加熱せずにそのまま食べるのが、

キャベツダイエットの基本的なやり方です。

キャベツの千切りではなく、ざく切りにするほうが効果的です。

毎食前にキャベツを食べるというだけのやり方ですので、

どんな人でも手軽にダイエットが可能です。

大きめの一口でキャベツを食べられるように切って、

よく噛まないと食べられないようにします。

少量の食事でもお腹がいっぱいになったように感じるために、

事前にキャベツをよく噛んで食べて、満腹中枢を刺激しておくという方法です。

食前に10分くらい時間をとって、生のキャベツをしっかり噛んで食べます。




時間をかけて食べることで、お腹がいっぱいに感じられる時間が、

1~2時間くらいになります。

ざく切りしたキャベツを食べるときは、ダイエット中ですので、

ノンオイルのドレッシングを利用しましょう。

塩や、レモン、しょうゆ等、油分を含んでいない調味料なら、

いろいろな味をつけて食べてみるといいかもしれません。

食事時間でなくても、空腹を感じた時には自由にキャベツを食べても大丈夫です。

間食がわりにキャベツを利用するといいでしょう。

キャベツの摂取量に制限がないことが、キャベツダイエットの利点です。

最近は、通年でキャベツを販売しているスーパーもあります。

ダイエットに関心がある人はキャベツでのダイエットを実践してみてください。

キャベツダイエットのコツ




誰でも手軽にできるキャベツダイエットですが、

効率的に行うためにはどんなところに注意をするといいものでしょう。

基礎代謝量のうち40%は筋肉による消費だといわれています。

基礎代謝を維持するためにもダイエット中は筋肉を落としてはいけません。

筋肉の量を一定に保つためには、食事から摂取するたんぱく質の量を、

最低限は確保しておくことが大事です。

たんぱく質を含有する食材は様々なものがあります。

肉が代表的ですが、豆腐、魚、卵からも補給することができます。

昼食と朝食は通常どおりにキャベツを食前に食べ、

夕食だけはご飯など主食を抜いて、炭水化物なしの食事にし、

不足分はキャベツで補うと、よりダイエットの効果があらわれやすくなります。

炭水化物抜きの食事にしたほうが、夜遅い夕飯になった時は体にいいこともあります。

人によっては、ダイエットをしていても、

間食に甘いおやつが欲しくなる場合もあります。

もしもケーキやスナックを食べたくなっても、果物にしておきましょう。




キャベツダイエット中は、油脂と砂糖はできるだけ避けたいものです。

調理をするときは、油を使わないようすることが大切です。

もしも、テフロン加工済みにフライパンを使っていれば、

油を使わなくても焦げ付く心配がありません。

炒め物ではなく、蒸し物、焼き物、煮物にするだけでも、

料理に使う油を少なくすることがすぐにできます。

キャベツダイエットを成功させるには、アルコール類は飲まないことです。

お酒を断り切れない場合は、炭水化物を食事から抜いて全体量とのバランスをとります。

キャベツダイエットのためには、キャベツ以外に食べるものにも関心を持つようにしましょう。

キャベツダイエットの注意点




手軽にダイエットが可能なやり方として、

キャベツダイエットをしている人は大勢いますが、

キャベツダイエットの注意点はどこにあるでしょう。

キャベツダイエットで重要なことは、

食事メニューをキャベツだけで終わらせないことです。

キャベツだけを食べて体重を減らそうとしても、

栄養失調で体の具合を悪くしてしまうだけです。

キャベツだけの食事にするのではなく、

キャベツ以外の食事もバランスよく摂取しましょう。

ダイエット後のリバウンドの原因は、

多くは、食事で得ていたカロリーを少なくしすぎていたことです。




キャベツをよく噛んで食べるだけでなく、

野菜や海藻類もまんべんなく食べて、ミネラルやたんぱく質を補います。

食前にキャベツを摂取することで、

それ以外の食材は余り多く食べなくても満腹感が感じられます。

キャベツだけの食事は、栄養不足の原因になりますので、

極端なダイエット方法は注意したほうが良いでしょう。

キャベツダイエットでは、どうやってキャベツを食べるかも大事です。

可能ならば、味付けなしで食べてください。

マヨネーズはそれ自体が高カロリーなので、キャベツの調味料には向きません

。継続できる体制をつくることが、キャベツダイエットのコツです。

カロリー量が多くならなければ、飽きが来ないようにキャベツに色々な調味料をつけてみても構いません。

理想のボディになるためにも、適切なやり方でキャベツダイエットを行いましょう。


コメント