ダイエットを始めるには まずは ウォーキングを始めましょう ウォーキングダイエット法

ウォーキングダイエットのメリット



にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ



ウォーキングはダイエットにいいと言われていますが、

身体的にどんな影響があるものなのでしょうか?

ダイエット効果があるといわれている運動には、

水泳やジョギング、ランニングなどさまざまなものがあります。

ウォーキングダイエットは、運動でのダイエットとしては、

手軽にできるという利点があります。

専用の器具やスペースも必要ありませんし、運動が得意でない人や、

肥満気味な人でも、体への負荷をあまりかけずに行うことができるのがいいところです。

出産後ダイエットをしたい場合でも、

ウォーキングは体に負担のすくないおすすめの方法です。

歩くための靴があれば、誰でもウォーキングを始めることができます。

自由時間が少ない人でも、自分の都合のいい時に実践することが可能です。

肥満対策にもウォーキングは効果があると言われていますので、

たくさんの人が実行している方法です。

ウォーキングをダイエットとして行うと、

一定のカロリーを消費することができるからです。




運動によって消費するカロリーは、ジョギングや、ランニングほどは多くないですが、

手軽にできますので、継続性という点では優れた方法といえます。

ウォーキングはダイエット効果が期待できるばかりでなく、

動脈硬化を未然に防いだり、筋肉を保つ効果が期待できると言われています。

食事を減らしたり、生活リズムを変えたりしていると

ダイエット中は精神がささくれやすいですが、

ウォーキングはストレスを軽くする作用もあります。

色々な効果が得られるというウォーキングダイエットを、積極的に行いましょう。

ウォーキングダイエットの方法




健康効果の高いダイエットには様々な方法がありますが、

特にウォーキングは痩身効果が高く、いいやり方といえます。

よりダイエットを効果的に進めるためのウォーキングは、

どんなふうに行ったら良いのか調べてみました。

どのくらいウォーキングをするといいかは個人差がありますが、

ダイエットにいいのは週に3時間程度です。

できれば、週末にまとめて3時間という運動配分ではなく、

3日以上休む日を入れないようにして、ウォーキングを継続するといいでしょう。

30分のウォーキングを毎日継続する方法や、

1時間のウォーキングを1日おきに行う方法があります。

体脂肪をウォーキングで燃焼させるには、胃にものが入っていない時が狙い時です。

1日の疲労が蓄積されていない早朝が、ウォーキングには適した時間帯です。




ダイエット効果を出すためには、継続することが何より大事なので、

根気よく最低3か月以上はウォーキングを続けることでダイエット効果が得られるでしょう。

理想的なウォーキング姿勢は、5mくらい先を見るように視線を真っ直ぐ前に向け、

顎は引き気味にして、背を伸ばしいい姿勢で走ることです。

胸郭が広い状態のほうが、ウォーキングをしながら体内に多くの酸素を補うことが可能になります。

必要以上に肩に力が入っていると肩が凝りやすくなりますので、

上半身を力ませすぎないように力を抜いて走ります。

ダイエットを成功させるために、ウォーキングを正しく行うようにしましょう。

ダイエットのためのウォーキングのコツ




年齢や性別を問わず気軽にできるダイエットとしてウォーキングは人気ですが、

体脂肪を効率的に燃やせるような方法はどんなものでしょうか?

ダイエットのためにウォーキングをするときには、

姿勢よく腕を前後に大きく振るのがおすすめです。

二の腕がたるみ始めていることを気にかけている女性の場合、

腕の動かし加減がウォーキングでは大事です。

肘は直角に曲げて、手のひらは軽く握って、腕を振ると、

二の腕にちょうどよく力が入ります。

ウォーキング時には、足の曲げ伸ばしを意識することもコツです。

足の筋肉を伸縮させながら動かすことで血液の巡りがよくなりますし、

歩幅を保ってのウォーキングになります。

ダイエットを意識したウォーキングでは、かかとから地面に着いて歩きます。




大地を足でつかむようにして歩き、

新しく足を踏み出す時にはきちんと足を蹴り出すようにしましょう。

両足をしっかりとつけるように意識することがポイントです。

広めの歩幅で歩くことで、股関節の周辺にあるリンパ節に刺激を与え、

血流や、リンパの流れを促進することが可能になります。

リンパ液が流れやすくなることによって、ダイエットの効率が一層高くなりますので、

おすすめです。

ウォーキング時に心がけることは、全身の筋肉をよく動かすこと、

酸素を体内にたっぷり取り入れること、いい姿勢を保つこと等になります。

汗をかくことと、水分にならないよう水分の補給に注意することで、

ダイエット効果の高いウォーキングができます。


コメント