ダイエット応援フルコース初月1000円

ダイエットを成功しても・・リバウンドをしないためには??

ダイエットをする時にはリバウンドに要注意



↓応援クリックどうぞよろしくお願いします(^^)

ダイエットに一度は成功したものの、

リバウンドをしてしまったという話はよく聞きます。

日本に限っていえば、ダイエットの経験がある人の、

実に60%以上がリバウンドしていると言われています。

相当な割合の人がリバウンドをしたことになります。

そして、ダイエット経験者の中には、

ダイエットをするたびにリバウンドを繰り返している方も少なくないようです。

リバウンドとは、一体どういった状態が体に

起きることを意味しているものなのでしょうか?







リバウンドとは、ダイエット等で減らした体重が、

急激に元に戻ったり、元より体重が増えてしまうという状況のことです。

リバウンドとダイエットを交互に経験している人は、

いずれダイエットがしづらい体になってしまうと言われています。

ダイエット方法が間違っていると、

痩せるつもりがさらに太るということにつながってしまいませす。

たた痩身をするだけがダイエットではありません。

ダイエットで大事なことは、むしろ体重を減ったままにすることです。

具体的にリバウンドはなぜ起こってしまうのでしょうか?

リバウンドの原因は、状況により、人により、色々です。

なぜ人の体がリバウンドするかがわかれば、

リバウンドを避けてのダイエットを実践することが可能でしょう。







ダイエットとリバウンドの関係について


リバウンドは、ダイエットをする人の多くが経験していることですが、

その背景には停滞期があります。

停滞期とは、ダイエット経験者なら、経験がある方が多いのではないでしょうか。

ダイエット直後はどんどん体重が減っていても、

停滞期に入ると急に体重が減りづらくなって、

ダイエットがうまく進まなくなることがあります。

停滞期は、太りやすくなるわけではありません。

人間の体はホメオスタシスという機能を持っており、

環境の変化に左右されずに、体温や体重を保とうとします。

食事量を減らした目的が体重のためだといっても、

体はカロリー補給が途絶えたことを一時的なトラブル発生だと判断します。







体内でできるだけエネルギーを使わないようにして、

生き延びようとホメオスタシスが頑張るのです。

そしてエネルギーをなるべく、消費させないようにするのです。

結果的に、人の体はリバウンドしてしまうのです。

ホメオスタシスのスイッチが入らないようにする方法もあります。

短期間で、いきなり体重を減らすとホメオスタシスが機能しやすくなりまますので、

1カ月の減量は2㎏程度、食事制限もほどほどにするといいでしょう。

リバウンドのないダイエットをしたなら、

単なるダイエット方法以外にも知るべきことがあります。








ダイエットしてもリバウンドしない方法とは



レプチンと満腹感が、ダイエットをすることで、リバウンドを促してきます。

ダイエットを行うと、満腹感の感じ方にも変化が出てきます。

人間の脳がおなかいっぱいになったと感じるのは、

脂肪を吸収してつくられたレプチンの働きです。

ダイエットをして食事量を減らすと、レプチンの分泌量も減ってしまうため、

満腹になる感覚が薄くなり、つい食べてしまったりという事がおきます。

結果的に、リバウンドの可能性が高くなるわけです。

燃焼するカロリーと、食事などで得るカロリーの差が、ダイエットにつながります。

消費カロリー量がホメオスタシスの効果で減少している時に食事をすれば、

余剰カロリーが出て体重は増えます。

レプチンの分泌量が減って、満腹になりにくいとつい食べ過ぎて

カロリー過剰になってしまいます。







ダイエット時のリバウンドは、消費カロリー量より、

摂取カロリー量が多すぎる場合などに起きるのです。

停滞期に入っても最低1ヶ月はダイエットを継続すると、

リバウンドを避けられる事ができます。

停滞期を短縮する最もいい方法は、適度な運動をすることです。

消費カロリーを増やすためには、

基礎代謝を高くする筋肉を体につけることが大事であり、

そのことがダイエット時のリバウンド予防につながります。




コメント

  1. こんにちは。

    確かに運動は本当に大切だと思います。
    運動し始めてから、行ったり来たりしながら少しずつ減ってきました。

    返信削除

コメントを投稿

ダイエット応援フルコース初月1000円

おすすめ記事