ダイエット応援フルコース初月1000円

肉割れや妊娠線はオイルでは治りません。





肉割れや妊娠線はオイルでは治りません。

肉割れのケアをオイルで行った人の体験談を2つご紹介します。

体験談① 



成長期に身長が1年間に15センチ以上伸びたため、

背中に肉割れ線が入ったことがあります。

身長が一気に伸びすぎて、皮膚が体の成長に追いついていかなかったそうです。

 体系は比較的痩せている方なのに、肉割れが入っていたので、

着替えるときに家族から「なんで痩せてるのに肉割れしてるの」

と笑われてしまいました。

 家族から、笑われてしまったので、

肉割れを治すために様々な努力をしました。 

市販のボディオイルを使っていたのですが、中々治りませんでした。 

また、肉割れを治すためのオイルマッサージを何種類も研究したのですが、

オイルマッサージでは全然治りませんでした。

 しかし、妊娠線専用のクリームを使ってからは、

肉割れの線が目立ちにくくなってきました。 

肉割れを治したい方には、妊娠線専用のクリームを使うことをオススメします。 


体験談②



妊娠してから、妊娠線ができてしまうのが、気になっていたので、

お風呂上がりには全身にボディーオイルを塗るようにしていました。

特に、妊娠線予防のものではなく、普通のオイルを使っていました。 

「これで妊娠線対策は完璧!」と思っていたのに、

出産後に太ももの後ろ側に妊娠線ができていることに気づき、愕然としました。

毎日欠かさずオイルを塗っていたはずなのにと思いました。

 でも、その後クリームを塗るようにしていたところ、

1年くらいで妊娠線は消えました。 

クリームは自分の感覚だけでなく、

鏡などで確認しながら塗ることが大切だと痛感しました。

 このように肉割れ・妊娠線の対策を行うならクリームがおすすめです。

 オイルについては、下記の記事で詳しく書いてありますので、

肉割れ・妊娠線の原因などもチェックしてみてください。

詳しくはこちら



Twitter




コメント

ダイエット応援フルコース初月1000円

おすすめ記事